眠さに任せてみても、いつもどおりの言葉づかいで話せるように

7月21日、AM0:05。エアコンつけちゃって、涼しい。腹減ってる。

 

今日はほんとーにちょっとだけ。

新しい日本語を仕入れるのコーナー。

 

夏目漱石「こころ」より。

「長い畷を一つ越さなければ手が届かなかった」

 

という一文。ハードルが高いってニュアンスかなあ。「なわて」はまっすぐな長い道、とかって意味らしい。明治文学ってキレーなことばづかいだな。

 

////////////////////////////////////////

たった一つのことに集中するのが苦手で、一斉にいろんなものを追いかけたくなる。

このブログも、本職も、やりたいことばっか増えて収集がつかない笑

どっかのタイミングで整理しないとね。

 

明日も早起きや!

 

ほな